なかまからさがす - 魚類

(168件中121件~140件)

ハナヒゲウツボ

ハナヒゲウツボ

ダイバーに最も人気のあるウツボで英名ribbon eel。鼻...

ハマクマノミ

ハマクマノミ

メスはオスより大きく体色はやや暗色で老成するほど汚い色になる...

ハリセンボン

ハリセンボン

うろこが変化した、長く強いとげが体表に数多くあるのが和名の由...

ハリヨ

ハリヨ

繁殖期のオスは頭部下面が鮮紅色になり、体側が青輝色になる。オ...

ヒフキアイゴ

ヒフキアイゴ

黄色の体に大きな黒斑があるが、この形は個体により変異(へんい...

ヒメジ

ヒメジ

温帯域の砂底で見られる。普通は尾びれの上側にはしま模様がある...

ヒメマス

ヒメマス

ベニザケの陸封型。阿寒湖とチミケップ湖原産。各地の山上湖に放...

ヒラタエイ

ヒラタエイ

温帯域の砂場でよく見かける普通種。アカエイに似るが腹面は白色...

ヒラメ

ヒラメ

晩秋から冬が旬(しゅん)の魚。養殖や放流も盛んに行なわれてい...

フエヤッコダイ

フエヤッコダイ

生息域の広いチョウチョウウオで、各海域で普通に見られる。独特...

ブダイ

ブダイ

オスは大きくて青みがある(写真)。一方メスは小さくて赤みが強...

ブリ

ブリ

遠くから見るとヒラマサとたいへんまぎらわしい。ヒラマサは上あ...

ブルーギル

ブルーギル

英名bluegill。えらぶたの突出部が濃紺なのでこの名があ...

ヘコアユ

ヘコアユ

いつも逆立ちの姿勢で泳ぐ。敵が接近するとするどいナイフのよう...

ベニカエルアンコウ

ベニカエルアンコウ

背びれ基底にはっきりとした眼状斑がある。赤色みの強いものと白...

ホウボウ

ホウボウ

うきぶくろを使ってボーボーと鳴くのがホウボウの名の由来とか。...

ホッケ

ホッケ

秋が深まると積丹半島にホッケの群れが現れる。産卵が近づくとオ...

ホンソメワケベラ

ホンソメワケベラ

子どもの頃からほかの魚のクリーニングをする習性をもったベラで...

ホンモロコ

ホンモロコ

琵琶湖固有種。タモロコに似るが体形は細長く、口はやや上向きで...

ボラ

ボラ

汽水域(きすいいき)から河川にも進入するポピュラーな魚で体形...

前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9