よみがなをつけよう>


大型肉食恐竜・ティラノサウルスのなぞ まとめ 動物

白亜紀(はくあき)に君臨した最大級の肉食恐竜(きょうりゅう)ティラノサウルス。大きな頭、するどい歯、短い前あしが特ちょうだけど、まだまだなぞだらけ。近年話題の、おどろく新説を紹介(しょうかい)するよ。

ティラノサウルスには羽毛が生えていたのか?

  • 最近の研究では、多くの小型獣脚(じゅうきゃく)類に羽毛が生えていたと考えられています。実際に、中国やモンゴルでは、多くの羽毛恐竜の化石が見つかっています。ティラノサウルスの祖先のなかまであるディロングからも羽毛の痕跡(こんせき)が見つかっていることから、ティラノサウルスのなかまも、羽毛を生やしていたと考えられています。

    ただ、小型獣脚類は、羽毛を保温のために生やしていたと考えられているので、ティラノサウルスのような大型の獣脚類には羽毛は必要なかったかもしれません。体がじゅうぶんに大きいと、体が産み出す熱量が大きいため、保温する必要がなくなるからです。

    そこで、ティラノサウルスは、体の小さい子どものときは、保温のために羽毛を生やし、成長するにつれて、必要なくなった羽毛はぬけていったのではないかという考えもあります。現在えがかれている復元画では、おとなのティラノサウルスには、体の上部に、たてがみのような羽毛をえがいているものもあります。

    2012年には、モンゴルで発掘(はっくつ)された、ユウティラヌスという大きさ9mのティラノサウルスのなかまが発表されました。ユウティラヌスには羽毛の痕跡がありました。いままで考えられていたよりも、大型の獣脚類から羽毛のあとが見つかったことで、ティラノサウルスやアルバータサウルスなど、大型の獣脚類にも羽毛が生えていた可能性がでてきました。

    ただ、時代や場所により、気候条件などもちがうため、すべてのティラノサウルスのなかまがおとなになっても羽毛を生やしていたかどうかは、まだわかりません。

おすすめカテゴリ

おすすめのサイト(外部サイト)

生き物や科学に関するコラム、図鑑に収録されている動画がたくさんあるよ。

すべてのページのいちらんを見る