ヘルプ

よみがなをつける

   

性も単純じゃない

「性別」ってからだのちがいだと思ってたけど、そうじゃないみたい。からだのちがい以外の「性別」ってなんだろう? 一緒に(いっしょに)に考えてみよう。

性別ってからだのことだけじゃないんだよ

人間の性ってからだのちがいだけじゃないんだよ。人間の性をありのままに認識(にんしき)するためには「からだの性」だけではなく、四つの方面から考えることが大切だよ。

1.からだの性 いろいろなからだ

辞書で「性別」ってひくと、「男と女のちがい」って書いてある。「男」「女」は、からだのちがいで分けているんだ。でも、人間のからだをくわしく見ると、たった二つにしかわけられないというのは現実とちがう。人間のからだはそれほど単純ではないんだよ。男の人の中でもからだの状態は人によって少しずつちがう。女の人でもそうだ。少しずつちがいがある人間を大きく二つにまとめて「男」、「女」とよんでいるんだよ。

2.こころの性 性自認(じにん)

自分の性別をどう思うのか。これを「性自認」というけど、人によっていろいろだよ。自分を「男」だと思う人もいるし、「女」だと思う人もいる。自分の性別は「分からない」と思う人もいる。ゆれ動く人もいるし、自分は「男」「女」のどちらでもない、あるいはどちらでもあると思う人もいる。

3.好きになる人の性 性的指向

自分とはちがう性別の人を好きになる人は「異性愛者」、自分と同じ性別の人を好きになる人は「同性愛者」と呼ばれているよ。また、相手の性別にこだわらずに好きになる人は「両性愛者」、どんな人も好きにならない人は「無性愛者」と呼ばれている。どんな人を好きになるのかは、人によってさまざま。分類や名前にかかわらず、みんなの気持ちが尊重されるようになるといいね。

4.表現する性 性的表現

自分が男性だと思う人は、男性らしいといわれることの多い服装や髪形をしたりして自分を表現する。自分が女性だと思う人は、女性らしいといわれることの多い服装や髪形をする。からだとはちがう性別の服装や髪形をする人もいるよ。どういう性として自分を表現するかを「性的表現」というよ。

そのほかにも「法律上の性」があるよ

その国が人間の性別をどう決めているかというのもポイントだよ。ほとんどの国では性別は「男女」だけ。その中でも、インドをはじめいくつかの国で「第三の性」が認められたり、パスポートに「X」という性別を記入できるようになったりしているよ。今後は、もっとほかの国でも変わっていくかもしれないね。

気になる質問

質問1 異性を好きにならないといけないの?
好きになる性別に決まりはないよ。異性を好きになる人も、同性を好きになる人も、性別にこだわらない人も、だれも好きにならない人もいるよ。
質問2 同性愛って病気なの?
病気じゃないよ。病気じゃないからなおす必要もないよ。誰を好きになるかは人それぞれだよ。

性についてなやんだり困ったことがあったら「ココカラ学園」を思い出してね

「こころ」と「からだ」のことで困りごとがある友だちの話を聞いて解決しながらクイズにチャレンジしよう!
気になること、気になるワードを調べてみよう!
監修・情報提供:"人間と性"教育研究協議会

すべてのページのいちらんを見る