ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

表具師

表具師

基本データ

分類
生活と社会

説明

紙、布、糊を材料に、ふすま、障子、屏風、巻物、掛物などを制作する。繊細な素材を使った複雑な作業であり、高度な技術と経験が要求される。また、貴重な美術品を手がけることも多く、美術に関する幅広い知識も不可欠である。表具師になるには、15、16歳から表具屋に弟子入りをして、7年ほど修業をした後、暖簾分けをしてもらうのが一般的だが、高校、大学を卒業して表具屋に就職する人も多い。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)