ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

流れ星(流星群)を見るときは

  • 流れ星(流星群)を見るときは
  • 流れ星(流星群)を見るときは

流れ星(流星群)を見るときは

ペルセウス座流星群

流れ星(流星群)を見るときは

基本データ

分類
星空かんさつのしかた

説明

流れ星流星群(りゅうせいぐん))を見るときは
流れ星は、天気さえよければ、いつでも見ることができます。でも、ふだんの日は、流れ星の数が少なくて、よほど運がよくないと見つけることができません。
ところが、一年のうちに何度か、いつもより多くの流れ星が現れる日があります。それは「流星群(りゅうせいぐん)」が現れる日のことです。そういう日をえらんで、星空を見上げていれば、きっと流れ星を見つけることができるでしょう。また、その日一日だけでなく、前後の日にも流れ星が多めに現れるので、気をつけて星空を観察してみましょう。

「流星群」のなかでも、とくにたくさんの流れ星が現れる流星群があります。
たくさんの流れ星が現れる流星群としては、次の2つが有名です。
 ・毎年、8月12日~13日ごろに現れる「ペルセウス座流星群」
 ・毎年、12月13日~15日ごろに現れる「ふたご座流星群」
ただし、このほかの流星群も、年によっていきなりたくさんの流れ星が現れることがあります。毎年、11月17日ごろに流れ星が現れる「しし座流星群」は、2001年11月18日に、1時間に千個以上の流れ星が現れました 。

流れ星を観察するときは、次のことに注意してください。
 ・外に出てすぐは、目が暗さになれていないので、流れ星が見つかりません。
  外に出て15分から30分くらいすると、目が暗さになれて、流れ星が見つかるようになります。
 ・星空の広いはんいをながめるようにしましょう。
  流れ星は、星空のあちらこちらに現われます。
 ・月が明るく光っているときは、流れ星を見つけにくくなってしまいます。
  なるべく月の方を見ないで、反対がわの星空をながめるようにしましょう。
 ・ゆっくり時間をかけて、観察してください。
  ベンチによりかかったり、マットの上にねころがったりして、楽なしせいで、流れ星が現れるのをまちましょう。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)