ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

ズワイガニ

ズワイガニ

(C)Ryo MINEMIZU

基本データ

学名
Chionoecetes opilio
分類
無せきつい動物
分類詳細
節足動物門クモガニ科
分布・環境
北海道~本州北部の太平洋、日本海;北部太平洋、西部太平洋、大西洋北部
全長
オス150mm・メス80mm(甲幅)

説明

おもに水深200~600メートルのやわらかい泥でおおわれた海底にすむ。歩脚(ほきゃく)が細長いことから、細い木の枝を表す「楚(すわえ)」がなまり「ズワイガニ」と名づけられた。はじめは雌雄ともほぼ同じ大きさで成長するが、ある時期から成長に差が生じ、オスはメスに比べ、約2倍の甲幅となる。大きなオスをズワイガニとよび、メスはセコガニ 、セイコガニ、コウバコガニなどとよぶ。北陸地方で「越前がに」、山陰地方では「松葉がに」とよばれる。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)