よみがなをつけよう>


武士がおさめた鎌倉・室町時代 まとめ 歴史

それまで貴族につかえていた武士は、しだいに力を持ち、政治に関わるようになってきます。源平の戦いから、源頼朝が開いた鎌倉幕府(かまくらばくふ)やその後の時代の室町幕府(むろまちばくふ)について学ぼう。

動画で学ぼう!(NHK for School)

(外部サイト)
  • 鎌倉幕府のしくみNHK 01:10
    源頼朝は、有力な家来を守護や地頭に任命し、幕府の力を強めたことがわかる。
  • 鉢の木物語NHK 02:31
    鎌倉幕府(かまくらばくふ)のもとでは、「いざ鎌倉」と幕府のために働くことが奉公であり、領地を守ってくれたり、与えたりすることがご恩であることがわかる。
  • 蒙古襲来絵詞NHK 02:16
    元寇のようすをえがいた蒙古襲来絵詞から、元軍のようすや戦い方がわかる。また、竹崎季長が、「ご恩と奉公」のために蒙古襲来絵詞を書いたことがわかる。
  • 室町幕府の誕生NHK 01:47
    鎌倉幕府のあと、室町幕府がどのようにして置かれたのかがわかる。
  • 応仁の乱NHK 01:36
    幕府の内乱によって、都が荒廃し、戦国の世へとつながっていく様子を知る。

その他の動画を見る(外部サイト)

おすすめキーワード

おすすめのサイト(外部サイト)

一の谷合戦や壇ノ浦合戦などの源平の戦いや、関連人物を描いた絵をもとに解説するサイトだよ。
源氏が平氏をたおし、源頼朝が鎌倉幕府を開くまでのできごとを学ぼう。

すべてのページのいちらんを見る