ヘルプ

よみがなをつける


Hour of Codeをはじめよう まとめ プログラミング入門

ここからはプログラミングが学べるツールを使って、実際にプログラムを組み立ててみましょう。今回は「Hour of Code」という、約1時間でプログラミングを学習できるツールを使います。

まずは動画をみよう

「Hour of Code」にはパソコンやタブレット、スマートフォンからアクセスできるので、まずはプログラミングがどのようなものか学ぶのに適しています。
まずは、動画をみてHour of Codeについて知ろう!

Hour of Codeをはじめよう

  • Hour of Code」のサイトにアクセスしたら、「学習を開始しましょう」というオレンジのボタンを押してみましょう。このとき、日本語以外の言語で表示されている場合は、画面右上にある言語のメニューから「日本語」を選択します。
     すると、日本語で学べるプログラミングコースの一覧が表示されます。「Hour of Code」では、みなさんが知っているゲームや映画、アニメのキャラクターを画面の中で動かしてプログラミングを学べます。最初は「アングリーバード(ANGRY BIRDS)」のイラストの、「Write your first computer program」のコース選んでみましょう。

ブロックを組み合わせて、パズルを解こう

  • コースを選んだ後は、「Start」ボタンを押します。動画は右上の「×」ボタンを押せば消えます。たくさんブロックが並んだ、上のような画面まで進んでみます。

     最初に、右上に表示されたパズルの問題を確認します。アングリーバードをどのように動かせばブタをつかまえられるのか、画面に表示された文章を読んで、分かったら「OK」ボタンを押します。次に、「ブロック達」にあるブロックを使ってプログラムを作ります。例えば、アングリーバードを前に1マス進めたい場合は、「まえにすすむ」というブロックを、「実行した時」のブロックの下につなげます。2マス進めたい場合は、「まえにすすむ」のブロックを2つ使います。

     ブロックを組み立てる途中で、アングリーバードが自分の考えた通りに動くか確認したい場合は、「実行」ボタンを押して動きを確認します。うまくいかなかった場合は、いらないブロックを「ブロック達」に戻すと、ごみ箱のマークが出て捨てられます。

ひとつのパズルを完了したら次へ。自分で学習を進めよう

  • ひとつのパズルを完了すると、上の画面のようなメッセージが表示されます。「次へ」を押すと、新しいパズルが表示されます。「Hour of Code」では、ひとつのコースにつき12~20のパズルが用意されていて、全部完了すると「Certificate(修了証)」の画面が表示されます。もちろん、パズルは回を重ねるほど難しくなりますが、自分のペースで進めていきましょう。分からないことがあれば、周囲の友達に質問をしたり、おうちの人に聞いたりしてみましょう。

【保護者の方へ】

ブロックを単につなぎ合わせるのではなく、より少ないブロックでゴールを達成するにはどうすればいいかを、いっしょに考えてみてください。

すべてのページのいちらんを見る