ゲンノショウコ

ゲンノショウコ

(C)Isao SUZUKI

基本データ

学名
Geranium nepalense var. thunbergii
花の咲く季節
7~10月
分類詳細
双子葉植物離弁花 多年草 フウロソウ科
30~50cm

説明

腹痛をたちまち直す民間薬として知られている。その効果から「現の証拠」という名がある。ほかに茶としても飲まれるが、葉が猛毒のトリカブトによく似ているので注意が必要だ。花の色には変化が多く、西日本では紅紫色、白や淡紅色のものは東日本に多い。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)