ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

助産師

助産師

基本データ

分類
自然と科学

説明

正常なお産の場合に、医師の監督なしに出産を介助する。お産の経過にリスクがある場合には、産婦人科医の協力を得る。仕事はお産のときだけでなく、妊娠、出産、産後にまで及ぶ。妊娠中には安心なお産ができるようにアドバイスを行い、異常を発見した場合には医療機関に連絡する。陣痛がはじまると、お産の進み具合を見ながら必要な介助をしていく。産婦と赤ちゃんが持つ自然なメカニズムを尊重するため、できるだけ自発的なお産を心がける。そして出産後の母親と赤ちゃんのケアも行っている。助産師になるためには、看護師養成機関で3年間の看護課程を修了し、さらに1年間の助産課程を学んだ上で、助産師国家試験に合格しなければならない。仕事場は、病院や助産院、地域の保健センター、個人営業など。最近では助産師の手で自然分娩したいと願う産婦が増えており、助産師の仕事にも再びスポットがあたっている。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)