ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

小学校教師

小学校教師

基本データ

分類
生活と社会

説明

小学校教員養成課程のある大学などで、小学校で教える9科目すべてにわたる教科専門科目と、教育学と心理学に基づいた教職専門科目から構成される単位を修め、小学校教員免許を取得する。その後、公立の場合は、各都道府県や政令指定都市による教員採用試験を受験し、合格後採用候補者名簿に名前が載り欠員状況によって採用が決まる。私立の場合は教員免許を取得後、各校の教育方針や校風にふさわしい人材を求めて、独自の採用が行われる。試験には、一般教養などの筆記試験はもちろん、水泳やピアノの伴奏などの実技も含まれる。現在、少子化の影響で学級数が減っていることもあり、かなりの狭き門となっている。教師は、小学生にとって親に次ぐ身近な大人であり、知識以外の面においてもさまざまな影響を子供たちに与えることになるため、ただ単に子供が好きというだけでなく、子供と共に成長しようという心構えが必要である。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)