ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

シオマネキ

シオマネキ

(C)Tetsu TAGUCHI

基本データ

学名
Uca arcuata
分類
無せきつい動物
分類詳細
節足動物門スナガニ科
分布・環境
紀伊半島~奄美・琉球の太平洋;西部太平洋
全長
30~40mm(甲幅)

説明

ムツゴロウやトビハゼなども見られる潮が引いた干潟(ひがた)に生息している。有明海付近ではシオマネキをガンヅケ(カニ漬け)と呼ばれる塩辛にして食べる。オスは片方のはさみがひじょうに大きく、求愛行動(きゅうあいこうどう)でこのはさみを盛んに振る。この動作が潮が満ちるのを招いているように見えるので「潮招き(しおまねき)」の名がある。環境省のレッドリストの絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)