ウミウ

ウミウ

(C)Osamu YUNOKI

基本データ

学名
Phalacrocorax capillatus
分類
鳥類
分類詳細
カツオドリ目ウ科
分布・環境
北海道から九州までの海岸の崖(がけ)で繁殖する留鳥。沖縄でも少数が見られる。
全長
約84cm(マガモより大)

説明

ウ類は体が黒く、独特の体型をしている。ヒメウ、チシマウガラスは、小型で首が細いのでわかる。カワウとは、顔の白い部分が角ばっているので区別できる。人が近寄れないような海岸の崖(がけ)に、集団で巣をつくる。海にもぐって魚をつかまえるので、羽毛に脂肪をつけない。岩の上などで翼を広げているのは、ぬれた翼を乾かすためである。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)