人権ってなんだろう?

「人権」とは、人が生まれたときから持っている権利のことで、だれでも、その人がその人らしく、幸せに生きる権利のことです。1989年、国連は「子どもの権利条約」を採択しました。子どもの権利について考えてみましょう。

子供の人権

子どもの人権について、わかりやすくまとめているサイトを紹介するよ。
世界中の子どもたちのもつ権利について考えてみよう!

知ってほしい、みんなの権利。聞かせてほしい、きみの声。

人権週間について

昭和23年(1948年)12月10日、国際連合総会で、全ての人と全ての国とが達成していく共通の基準として「世界人権宣言」が定められ、「人権デー(Human Rights Day)」と定められています。

法務省の人権擁護機関では、昭和24年(1949年)から毎年、人権デーを最終日とする1週間(12月4日から12月10日)を「人権週間」と定めています。

動画で学ぼう!(NHK for School)

(外部サイト)
  • 基本的人権NHK 00:45
    日本国憲法では教育を受ける権利、政治に参加する権利、働く権利など、基本的人権が保障されています。
  • 人権の歴史NHK 01:10
    基本的人権は、人々の長い苦労と試練の中で確立されました。今や人権は世界共通の理念ですが、人々の人権意識はより多様化してきています。
  • 子どもの権利条約-小学6年NHK 02:06
    1989年、国連は「子どもの権利条約」を採択しました。それは子どもを主体としたさまざまな権利を規定しています。
  • 新しい人権-小学6年NHK 01:35
    人権の内容は社会変化に応じて新たに生まれます。「自己決定権」、「知る権利」、「環境権」などは新たな人権です。
  

このページのタグ

タグ一覧ページをみる