よみがなをつけよう>


宇宙での生活について、調べてみよう まとめ 宇宙

宇宙飛行士の若田光一さんが、宇宙での長い生活をおえて、地球にかえってきたよ。宇宙でくらすって、どんな感じなのかな?

若田さん、お帰りなさい

  • すみわたった青空に、白い点がぽつり。よーく見ると・・・、それは白くて大きなパラシュートを広げた、宇宙飛行士たちを乗せたカプセルでした。

    「若田さん、お帰りなさい」

    国際宇宙ステーション(ISS)の船長を務めた宇宙飛行士の若田光一さんが、日本時間の5月14日午前11時ごろ、地球に帰ってきました。宇宙で過ごした期間は188日。日本人として、これまでで一番長く宇宙でくらしました。

    パラシュートが落ちる速さは1秒に7メートルほど。スクーターが走るほどの速さで、ゆっくりと風にゆられて舞い降りてきました。目指す場所は、カザフスタンのだだっ広い草原のど真ん中。最後にガスを一気に噴き出して、地面とぶつかる衝撃(しょうげき)を少しでもやわらげます。
    着陸してから数分後、がっしりとした体格の大男4人が、若田さんをカプセルからやさしく引き上げました。その後、6人がかりで手足や体をそっとかかえられ、近くに用意されたソファへ。笑顔を見せて、「大丈夫」と語りかけるように親指を上につき上げました。
  • こんなに元気そうなのに、なぜ1人で歩かないのでしょうか?

    実は「歩かない」のではなく、「歩けない」のです。みなさんの前にある物を持ち上げて、手をそっとはなしてみてください。どうなりましたか? 下に落ちましたよね。実は身の回りのものはすべて、地球の重力で引っ張られているのです。

    でも、若田さんがいた宇宙にはほとんど重力がなく、宙にぷかぷかと浮いてしまうんです! とっても楽しそうですが、大変なこともあります。みなさんみたいに力を入れて立たなくてもいいので、半年も宇宙にいると、筋肉や骨がすっかり弱ってしまうのです。

    具体的には、小腸でのカルシウムの吸収が減り、さらに骨からカルシウムが流出。骨がスカスカになってしまいます。また血圧をうまく調節することができなくなり、貧血(ひんけつ)にもなってしまいます。なので、地球に帰ってきたばかりの宇宙飛行士は、自分の力で歩けないのです。

    「地球は私たちみんなの、かけがえのないふるさとだなと感じた」

    若田さんは地球のそよ風をほおに感じながら、そう語りました。地球の重力に慣れて元気になったら、もっといろんなことを聞いてみたいですね!


    写真提供:NASA

おすすめのサイト(外部サイト)

宇宙のようすや宇宙ステーションでのくらし方について、読んでみよう。若田さんの紹介もあるよ。
生き物や科学に関するコラム、図鑑に収録されている動画がたくさんあるよ。

すべてのページのいちらんを見る