ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

和紙

和紙

基本データ

分類
生活と社会

説明

紙を作る技術は、610年に高麗の僧・曇徴(どんちょう)が、絵の具や墨の技法とともに日本に持ち込んだといわれている。はじめは麻で作られていた紙だが、これは作業の困難さからか、すたれてしまった。その後の和紙は、楮(こうぞ)・雁皮(がんぴ)・三椏(みつまた)を主な原料とする。また大陸伝来の製紙法に改良を加え、日本独自の和紙を作り出したのは、聖徳太子であるという説もある。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)