ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

理容師

理容師

基本データ

分類
生活と社会

説明

理容師は主にヘアカットやシャンプー、パーマ、顔そり、マッサージなどの技術を行う。さらにヘアカラー、エステ、ネイル、メイクなど理容の業務範囲は広がっており、各方面で活躍する理容師が増えている。女性理容師も少なくない。また理容業界では、髪の健康管理のスペシャリストとして「ヘア・カウンセラー」、介護の要素も取り入れた「ケア理容師」等の資格制度も整えている。早くから高齢化社会を視野に入れた取り組みを始めているようだ。理容師は国家資格なので、免許を取得しなければならない。理容師専門学校(2年間・通信教育は3年間)卒業後、(財)理容師美容師試験研修センターが行う国家試験(筆記および実技)を受験し、合格すると厚生労働大臣の免許証がもらえる。免許を取得したら、理容店で働くことになるが、定年がないので現役期間が長く、一生の仕事として考えられる。世界的に理容師の数は減少しているという声もあるが、日本には理容・美容の枠を越えて活躍する若い理容師もいるようだ。隔年ごとに開催されるヘアワールド(世界理容美容技術選手権大会)では、若い理容師で編成される「理容日本代表チーム」が、常に上位3位以内に入っている。日本の理容師は、今後も、その優れた技術力と感性を生かして“世界の檜舞台”で活躍することが期待されている。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)