ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

金工

金工

基本データ

分類
生活と社会

説明

日本の金工は弥生時代にはじまった。それから中国大陸・朝鮮半島との交流でもたらされた文化を反映する、国産品が作られてきた。たとえば、仏教が伝来した奈良時代には仏像などが作られ、茶の湯が文化の中心となった室町時代には茶の湯釜が誕生したといった具合だ。ほかにも、刀剣や装身具、梵鐘(ぼんしょう)や銅鑼(どら)といった寺の調度類が制作されている。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)