ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

オーロラ

基本データ

英名
Aurora
分類
天文現象

説明

星空に赤や緑色の光がくり返し現れ、明るさを変えながら動いて見えるのが「オーロラ」だ。
オーロラは、カナダや北極のような北の地方や、南極でよく見られる。日本でもごくまれに、北の空が赤くなるオーロラが観察されることがある。

オーロラは、地球の大気の中で起きている現象だ。太陽から吹き出した粒子(りゅうし)が地球にぶつかると、地球の磁場(じば)にそって北や南に曲がりながら動き、北極や南極の上空で大気に飛び込んでくるときに光って見える。
太陽の表面で大きなフレア(=爆発)が起こると、いつもより多くの粒子が吹き出す。数日後にその粒子が地球に到着すると、各地でいつもより大きなオーロラが見られるようになる。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)