ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

更紗コメット

更紗コメット

基本データ

分類
魚 - 金魚
原産地
アメリカ

説明

日本から輸出されたリュウキンの中から、突然変異の個体が発見され、ヒューゴ・ムラート氏が選別し淘汰をしながら作出した品種といわれています。尾びれを中心に背びれ、胸びれなどが長くのび、泳ぐ姿がコメット(彗星)のようなことから命名されました。リュウキンというよりもワキンのような体型は、品種を固定する際に、フナと交配したためだといわれています。
体色は赤、赤白、白があります。また、各ひれの短い「ショートテール」という品種もあります。一般的な品種で、入手も簡単です。丈夫で飼育もやさしく、全長が30cmを超える個体もいます。

情報提供元(外部サイト)