ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

歯科衛生士・歯科助手

歯科衛生士・歯科助手

基本データ

分類
自然と科学

説明

歯科衛生士は歯科治療において、器材やカルテの管理など歯科医師が診察を行う際の補助をしたり、歯石を取り除くなど虫歯や歯周病にならないための予防処置を行う。また、患者の口の健康を守るための指導も行っている。専門学校、短大で指定された教科を学び、国家試験に合格したのち個人の歯科医院や大学病院、保健所などで働くのが一般的。高齢化が進んでいる最近では、ホームヘルパーの資格を取得し、福祉施設や自宅で寝たきりの生活をしているお年寄りを訪ね、口の中の清掃や義歯の使い方を指導する歯科衛生士も増えている。直接の医療業務をすることはないが、歯科医師が治療を行うにあたってなくてはならない存在であり、需要も少なくない。また、歯科助手も歯科医師の治療補助を行うが、特に資格を持っている必要がない。そのため、歯科助手は歯垢の除去や歯科保健指導など、直接患者の口の中に手を入れる行為はできない。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)