ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

和傘・提灯・うちわ・扇子

和傘・提灯・うちわ・扇子

基本データ

分類
生活と社会

説明

現在では、茶道や日本舞踊、歌舞伎の道具として使われている和傘が、中国から日本に伝わってきたのは6世紀。当時の傘は開閉することができなかったという。傘が一般的に広く使われるようになったのは、江戸時代からといわれている。身分によって異なる傘を使用していたので、傘を見れば身分がわかったそうだ。また時代劇で浪人が傘張りの内職をする姿を見かけることがあるが、これは史実。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)