ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

料理研究家

料理研究家

基本データ

分類
生活と社会

説明

新しい料理メニューの開発や料理のアドバイスをしたり、料理学校や料理教室の先生、料理雑誌や料理本などでの執筆、テレビの料理番組への出演などを行う。日本料理、フレンチ、イタリアン、中国料理などの分野で、それぞれ伝統料理、郷土料理、家庭料理を専門にする人もいるが、1つ以上の分野の料理を作る人のほうが多い。大学、短大、専門学校などで栄養学や調理について学んだ後、料理研究家のアシスタントになる人が多いが、栄養士や料理担当の編集者、家庭の主婦から転身する人も少なくない。最近は健康に関わる料理の仕事が増えているので、管理栄養士・栄養士の資格をとっておくと役に立つ。女性の憧れの仕事になっており、女性の進出が目立つ仕事だ。希望する人が多いので、専門の分野を持つこと、独自の視点を持つことが大事。料理現場を歩いて体験を重ね、食文化全般への造詣を養うことも必要だ。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)