ホテルで働く

ホテルで働く

基本データ

分類
生活と社会

説明

ホテルの仕事は、客室を商品として宿泊利用を管轄する「宿泊部門」、レストラン・バーの運営を管轄する「料飲部門」、婚礼会場などの宴会場を管轄する「宴会部門」、調理を管轄する「調理部門」に分かれる。それぞれの仕事内容は以下の通り。

宿泊部門
 予約課 宿泊の予約受注を担当する
 ドアマン(アッシャー) ホテルの玄関周り一切を仕切る
 フロント チェックイン、チェックアウトなど宿泊客の対応をする
 コンシェルジュ(ゲストリレーション) 宿泊客の相談に対応する。移動手段の確保(ハイヤーやバスなどの手配)、チケットの予約、レストランの予約なども担当する
 ベルマン(ベルガール) 荷物を運んだり、宿泊客を部屋まで案内する
 ハウスキーピング 客室清掃や洗濯を担当する

料飲部門
 マネージャー 各レストラン・バーごとに店舗運営の責任を負う
 キャプテン 各テーブルを担当し、利用客との店舗内対応を仕切る
 ウェイター(ウェイトレス) キャプテンの指示のもとに、テーブルに料理を運ぶ
 バスボーイ 食事後の下げもの、テーブルのリセッティングを担当する
 スチュワード 膨大な器材の調達、日々の洗浄、管理を担当する

宴会部門(婚礼を中心とした場合)
 婚礼企画 婚礼商品の企画立案、告知、販売活動などを担当する
 予約課 挙式、披露宴の予約受注を担当する
 ブライダルコーディネーター 挙式予定者との打ち合わせを担当する(詳細は別項目参照)
 宴会サービス 挙式、披露宴当日の宴会サービスを担当する

※宴会部門はその需要が土日祝日に集中することから人件費の管理がむずかしく、特に宴会サービスを専門の人材派遣会社へ依託する場合が多い

調理部門
 ホットセクション 焼く、煮る、スープを作るなど、主に温かい料理、メイン料理の仕上げを担当する
 コールドセクション(ガルドマンジェ) オードブル、サラダ、フルーツなどの冷製料理を担当する
 ブッチャー 肉、魚などの下ごしらえを行う
 ベーカリー パンを焼く
 ペストリー ケーキを含むデザート製造を行う

調理部門などの専門職以外は各ホテルで一括採用され、希望と適正によって配属が決まる。ホテルは年中無休で夜間勤務も多いことから健康であることが最低条件。また、さまざまな客層を相手とした接客業であるため、細やかな気配りができることと語学力が必要である。しかしなによりも重要であるのは、客を喜ばせることができて、その姿を見ることを自分の喜びと変えることができるかどうかである。日本のホテルは、副次的な要因が重なって作られたものであったり、何かを誇示するための象徴であったりするものが多く、収益性を重視した高度な事業として計画されたものは少ない。そのため欧米のホテル産業とは別の次元にある未成熟な業界であったが、現在外資系のホテルの参入などにより、日本のホテル業界を取り巻く状況は変わりつつある。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)