ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

人形

人形

基本データ

分類
生活と社会

説明

人形は古くは「ひとがた」と呼ばれ、穢(けが)れや呪いを祓(はら)う信仰に関係する道具として用いられてきた。江戸時代に入り、人形は信仰・観賞・玩具の3つの分野に分かれた。また、日本の人形はさまざまな素材や技術で制作されているが、このような発展の理由に、「節句人形」の普及がある。節句人形とは、雛人形などの節句の際に飾る人形のこと。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)