ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

日本刀・刀物

日本刀・刀物

基本データ

分類
生活と社会

説明

日本の工芸でもっとも早くブランドが生じたのは、刀剣といわれている。中国大陸・朝鮮半島から伝わった刀剣技術が日本独自の形になり、現在のような日本刀が作られるようになったのは、平安初期からだという。桃山時代までは、主に五箇伝鍛法地(備前、相州、山城、大和、美濃)と呼ばれる5地方で制作されていた。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)