ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

竹工芸

竹工芸

基本データ

分類
生活と社会

説明

600種類以上の竹や笹が存在している日本では、古事記や日本書紀に竹に関する記述があったり、正倉院に竹を用いた楽器や箱などの竹工芸品が残されていたりと、古くから竹工芸は行われてきた。鎌倉時代から室町時代に茶の湯が隆盛したことから、竹工芸は大きく発展していく。道具だけではなく、数寄屋(すきや)づくりや校倉(あぜくら)づくりといった、茶道文化の建築様式に竹が使われたということもある。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)