ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

漆器

漆器

基本データ

分類
生活と社会

説明

漆工芸は東アジア独特のもので、日本では縄文後期にはすでに漆器が存在していたといわれている。奈良時代には蒔絵(まきえ)のもととなる技術が誕生し、さらに平安時代には遣唐使の廃止後、日本独自の技法が発達していった。安土桃山時代に入ると南蛮文化の到来により、欧風のモチーフを扱う作品も作られるようになった。漆器が海外に輸出されるようになったのも、このころのこと。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)