ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

レコーディングディレクター

レコーディングディレクター

基本データ

分類
アートと表現

説明

楽曲の選定から、編曲家や参加ミュージシャンの選定など、録音する音楽コンテンツに関する方向性を決める。楽譜やスコアを読めて、各楽器の特質を把握できるなど、音楽的な専門知識はもちろん必要だが、歌手やミュージシャンとの信頼を築くコミュニケーションスキルを持ち、より多くの良質な音楽を聞いていないとできない仕事である。音楽大学や専門学校などで教育を受け、学生のころから音楽業界でアルバイトなどをして、自分の能力をアピールし、人的ネットワークを作るのも重要。レコード会社や原盤制作会社などに所属するのが一般的だが、優秀なフリーのディレクターも多い。ディレクターを養成する専門学校もあるが、プロデューサーと同じで、学校を出たからといってディレクターになれるとは限らない。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)