ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

新聞記者

新聞記者

基本データ

分類
アートと表現

説明

新聞社に就職すると、研修を受けてから地方支局に5年ほど配属になる。地方支局にいる間に、警察回りから始まり、地方でさまざまな分野の事件を担当することによって、記者の基本を身につけるとともに、自分の進路を明確にする。その後、本人の希望や適性によって、政治部、経済部、国際部、社会部、文化部など専門の部署に配属される。記事は基本的に割り振られた担当分野を一人で書くが、チームで取材をして記事を書く場合もある。どの分野に配属されても、記事を書くためには、丁寧な取材を根気よくすることが必要不可欠。社会部の記者の場合、自分が記事を書くことによって、少しでも悲惨な事件や事故を減らすことができれば、よりよい社会になる手助けができればという思いで、毎日取材を続け記事を書いているという。このように好奇心が強いだけではなく、正義感や責任感、バランス感覚がある人でなくては記者の仕事はつとまらない。情報が必要とされる限り、必要とされる仕事である。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)