ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

コピーライター

コピーライター

基本データ

分類
アートと表現

説明

商品の広告の「キャッチフレーズ」を考える。コピーは、もともとはその商品のことに詳しい売り主、つまりスポンサーが考えるものだった。だが時代とともにそれは広告代理店に外注されるようになり、広告代理店も制作会社に外注するようになっていった。こうした過程で、広告のコピーをつくることを専門とするコピーライターが生まれていった。フリーランスのイメージが強いが、今でも広告代理店や制作会社に所属するコピーライターのほうが数としては多い。80年代の一時期、何人かのスターコピーライターが出現して、職業として非常にもてはやされたこともあったが、企業の宣伝費の抑制傾向とともにそれも落ち着き、現在では広告制作という共同作業の一端を担う技術職、と位置づけられている。だが宣伝をする限りコピーは必要であり、優秀な人材は常に求められている。すぐコピーを書く仕事を与えられるかどうかはともかく、広告代理店や制作会社に入るなどして、制作の現場を知ることから始めるのが一般的だ。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)