ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

楽器製作メーカーで働く

楽器製作メーカーで働く

基本データ

分類
アートと表現

説明

大手の楽器メーカーの場合、楽器製作は完全な分業だ。ピアノの鍵盤なら鍵盤だけを、機械を用いて製作することになる。職人的な世界とはまったく違っている。専門的な知識は就職後に身につけるため、とくに音楽の専門学校を卒業する必要はない。就職試験では専門知識よりも、将来、製作チームをまとめるためのリーダーシップがあるかを見られるようだ。しかし、実際の製作は海外で行っている場合もあり、全体的に採用は減っている。メーカーには企画部門、デザイン部門、設計部門などもあり、デザイン部門は美術大学や専門学校でデザインを学んだ人、コンピュータ時代なので、設計部門は工学部の大学院などで電子系の知識やソフトウェア技術を学んだ人が採用される傾向がある。自分がどの部門に進みたいのか、はっきりさせることが必要だ。また個人でバイオリンやチェロなどを趣味的に製作する人も増えている。

もっと見る(13歳のハローワーク 公式サイト)

情報提供元: 13歳のハローワーク 公式サイト (外部サイト)