ヘルプ

よみがなをつける

   
キーワードからさがす
全ての図鑑
 

まつたけ

  • まつたけ
  • まつたけ
  • まつたけ

まつたけ

まつたけ

まつたけ

基本データ

分類
野菜・きのこ・くだもの
9月中~10月中ごろが旬。

※旬(しゅん)は、地域やその年の気候などにより異なる場合があります。

原産地・分布地
日本、朝鮮半島、サハリン、千島列島などが原産地。日本では岩手県、長野県、京都府などが産地。
栄養の特徴
糖質やビタミンB2、ビタミンDのもとを多く含み、特有のかおりも含む。

※くわしくは、上のグラフを確認してみましょう。

説明

キシメジ科のきのこ。秋にアカマツ林の地面にはえます。しいたけのように人工さいばいができないので、天然のものだけが売られています。
まつたけのかさが開いて、胞子(ほうし。きのこの種)が落ちることになると、かおりが弱くなってしまうので、胞子が落ちる前にとってしまいます。そのために、まつたけのとれる量が少なく、値段が高くなってしまいます。
最近、スーパーなどで売られている安いまつたけは、韓国、北朝鮮、カナダ、アメリカのオレゴン州などからの輸入品です。

選び方のポイント

  • かさが開ききっていないもの。
  • じくを指でつまんでみて、かたくしっかりしているもの。ふかふかしているものは虫くいの場合が多い。
  • かおりのよいもの。
  • じくが短くて太いもの。

料理メモ

  • よいかおりを生かして、さっと網で焼いて、しぼったすだちの汁をかけ、しょう油で食べる。
  • 生のまま土びん蒸し、お吸いもの、まつたけごはんにしたり、あえもの、サラダなどに入れるとおいしい。
  • あえもの、サラダにする時はアルミホイルにつつんで、網で蒸し焼きにし、手でさいて使う。
  • まつたけはかおりが命なので、水で洗わない。ぬらしたふきんでそーっとなでるようにして表面の土を落とす。表面の黒っぽい皮をとってしまうとかおりが弱くなってしまうので、注意をする。
  • 高価なものなので大切にあつかう。

情報提供元: 合同出版(外部サイト)

こんな食材もあるよ!