ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

日食を見るときは

日食を見るときは

基本データ

分類
星空かんさつのしかた

説明

日食を見るときには、目をいためないように、とくに注意が必要です。

日食が始まって太陽の一部分が欠けていても、残りの太陽がまぶしいので、目で見てはいけません。かならず「太陽専用のフィルター」などを使い、太陽の光を弱めてやれば、欠けているのがわかります。
太陽がに全部かくれる「皆既日食(かいきにっしょく)」になったときは、目で見ることができます。月にかくされた太陽のまわりに、うすく「コロナ」が広がっているのがわかるでしょう。

日食の始まりから終わりまでは、何時間もかかります。あらかじめ、太陽が欠け始める時間、全部かくれる時間、終わりの時間などを調べておいて、何回かに分けて観察するとよいでしょう。ただし、皆既日食の始まりから終わりまではわずか数分ですから、見のがさないように注意しましょう。

注意:太陽を見るときにはかならず太陽専用のフィルターを使ってください。
黒い「下じき」などを使って太陽のまぶしさをへらしても、目にわるい「赤外線」がそのまま下じきを通って目にあたってしまうので、ぜったいに「下じき」で太陽を見てはいけません。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)