ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

リュウキュウヤマガメ

リュウキュウヤマガメ

(C)Showichi SENGOKU

基本データ

学名
Geoemyda japonica
分類
は虫類
分類詳細
カメ目ヌマガメ科
分布・環境
日本(沖縄島、久米島、渡嘉敷島)
甲長
約15cm

説明

森林の地上を歩き回ってくらす、どちらかというと陸生のカメ。しかし、じめじめしたところを好むため渓流の近くに多く、泳ぎはうまいとはいえないが、暑いときは水に入ることもある。手足には水かきがあるものの、陸という環境に適応したため、前足のうろこは大きい。ややドーム状にもり上がったこうらには3本のキールがあり、後縁はのこぎり状。日本固有種で、世界でも沖縄島、久米島、渡嘉敷島の3島にしか生息しない。国の天然記念物。環境省のレッドリストの絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)