ヘビトンボ

ヘビトンボ

(C)Kazuo UNNO

基本データ

学名
Protohermes grandis
分類
昆虫
分類詳細
脈翅目ヘビトンボ科
分布・環境
北海道~九州
全長
40mm

説明

幼虫は川にすみ、孫太郎虫とよばれ薬として食用にされることがある。成虫は大型で羽を広げると10センチメートルをこえる。ウスバカゲロウなどと同じ脈翅目の昆虫。灯火に飛来したり、クヌギの樹液にきたりするのを見かける。するどい大あごをもっていて、不用意につかむと痛い目にあうので注意が必要だ。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)