ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

シロスジカミキリ

シロスジカミキリ

(C)Kazuo UNNO

基本データ

学名
Batocera lineolata
分類
昆虫
分類詳細
甲虫目カミキリムシ科
分布・環境
本州~奄美
全長
45~52mm

説明

ミヤマカミキリと並び本州最大のりっぱなカミキリムシ。コナラやクヌギの木に多い。シロスジカミキリというが、生きているときは羽の模様は薄黄色で、死ぬと白くなる。メスは夜間に幹の低いところへおりて産卵する。産卵のあとは独特のきずがつく。産卵は1日で終わらず、メスは昼間は木の上で休んでいるので、木をけとばすと落ちてくることがある。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)