ヘルプ

よみがなをつける

キーワードからさがす
全ての図鑑
 

ハミルトンムカシガエル

ハミルトンムカシガエル

(C)Showichi SENGOKU

基本データ

学名
Leiopelma hamiltoni
分類
両生類
分類詳細
無尾目ムカシガエル科
分布・環境
ニュージーランド(ステフェンス島)
全長
約35mm

説明

現生のカエルの中で最も原始的で、肋骨(ろっこつ)があり、背骨の数もほかのカエルより多い。オタマジャクシのときに尾を動かしていた筋肉が成体にも痕跡的に残っている。山地の森林にすみ、おもに地上で活動する。水分は霧や露から得て、乾燥すると地下にもぐる。地上に産卵し、子ガエルの形でふ化した後で、尾がなくなる。

情報提供元: アストロアーツ(外部サイト)