インターネット上の子どもたちのトラブル事例

スマホやタブレットの普及により、子どもでも簡単にオンラインでのコミュニケーションがはかれるようになりました。しかし、いきなりSNSなどを始めてトラブルになるケースが問題になっています。

知らない人との交流
危険があると知らずに個人情報を公開
ネットいじめ
相手を思いやる気持ちの欠如

これらの問題は「ネット上の特殊なできごと」ではなく、社会的モラル、理解力といった一般的なしつけの話となんら変わりはありません。

子どもたちの成長に合わせた利用が大事

これからの子どもたちはこんな能力が求められています。

  • 必要な情報を入手し、その情報が正しいかどうかを判断できる
  • 情報を参考にして、自分の考えをまとめられる
  • 自分と異なる考えと自分の考えを比較できる
  • 作ったものや身につけたことを、ルールにのっとって表現・発言できる

そのために必要なのは、安全な環境で体験して練習させること!

  • 安全な利用環境の整備
  • コミュニケーション能力の育成

保護者がスマホやタブレットをよく知らないからという理由で、禁止したり取り上げたりして排除するやり方は、かえって逆効果です。

自転車練習 インターネット利用

自転車の練習と同様で、子どもの発達段階に合わせ、フィルタリングを利用するなどした安全な環境で、インターネットを始めさせましょう。

子どもだけではなく保護者も学び、変わる必要があります

インターネットは、好奇心や学力を育む一方、時間の浪費やトラブルに巻き込まれるなど、危険な側面もあります。
子どもたちが被害者にも加害者にもならず、上手にネットとつき合うには、発達に応じて段階的に利用経験を広げる必要があります。そのためには、ネットや機器に関するスキルだけではなく、日常生活にも共通するモラルやコミュニケーション能力も身につけさせなければいけません。
「子どもの方が詳しいから……」などと諦めず、子どもの能力を見極め、「家庭のルール」を親子で考えてみませんか?

情報提供元:子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)(外部サイト)
子どもネット研(座長:お茶の水女子大学 教授 坂元 章)は、Yahoo! JAPANが事務局を務める、メディア利用にかかわる専門領域を持つ研究者や教育関係者で構成された研究会。2008年に設立され、子どもたちがインターネットを使う際のリスク教育を促進するために、PTAや地方自治体と連携し、これを取り巻く諸施策について具体的な形で取り組みを提唱している。

Yahoo!きっずボイスで練習を

コミュニケーションについて学ぶ場

初回利用時や、継続して利用していくなかで、ルールやマナーのテストを実施

投稿が非公開になった場合、「どこが、なぜ」いけなかったのかという理由を説明

表現をみがく場

知っていること・体験したこと・考えたことを発言したいという子どもの思いにこたえながら、表現力・発信力を鍛えます。

学んだことを共有する場

学校のカリキュラムと連動したテーマもあるため、学んだことを他の学校の子どもたちと共有できます。

投稿について

  • 投稿は子ども同士の1対1の会話型ではなく、発表型
  • 投稿は1テーマにつき1回のみ(ネット依存を防止)
  • メールアドレス、電話番号などの記載がないか監視
  • いい投稿には「グッド!」がつくため、子ども同士でのチェック作用もあり