よみがなをつけよう>


日本の水産業と栽培漁業

海に囲まれた日本では、水産業(漁業)が盛んに行われています。しかし、最近では魚の取れる量が減ってきてしまっているため、増やして取る養殖漁業も栽培漁業が行われるようになってきました。

動画で学ぼう!(NHK for School)

(外部サイト)
  • たらこはどこで作られるNHK 01:13
    北海道のスケトウダラ漁について詳しく知ることができる。冬の漁の様子も見ることができる。
  • モズクはどこで採れるNHK 01:11
    モズクの養殖の様子を知ることができる。モズクの養殖には、遠浅のきれいな海が最適であることから、地域の特性が養殖に大事であることがわかる。
  • 漁獲量の減少NHK 01:33
    漁場海域の制限が、漁獲量の減少につながっていることを知る。図表から、国内での水あげ量と、輸入量の変化、相互の関係を読み取る。
  • 輸入されるウナギNHK 01:47
    値段が安い外国産のウナギが、国内の消費量を支えていることを知る。日本向けのウナギを作るための、生産者の工夫や努力について考える。

その他の動画を見る(外部サイト)

読んでみよう!

  • 漁業を大きく分けると、遠洋、沖合、沿岸の3つがあるよ。それぞれどんな方法で主にどんな魚ををとるのかを学ぼう。

おすすめキーワード

おすすめカテゴリ

おすすめのサイト(外部サイト)

魚を取る方法にもいろいろあるよ。それぞれ、どのくらいの時間をかけて、どのくらいの量がとれるのかな?
栽培漁業と養殖の違いや、定置網や養魚池などサケの栽培漁業について、このサイトで学ぼう。

すべてのページのいちらんを見る