よみがなをつけよう>


月のもようのなぞを解こう

色々な形に見える月のもよう。実際にはどんなふうになっているのかな? 月の誕生(たんじょう)から調べてみよう。

どうして月にはうさぎのもようが見えるの?

  • 「うさぎのもちつき」「女性の横顔」「ロバ」「カニ」「ライオン」など、
    むかしから人々は、月のもようを見て、さまざまな想像をふくらませてきました。

    でもこのもよう、いったいなぜこんなふうに見えるのでしょうか?

    それは、月の誕生と大きな関わりがあります。

    月の誕生の有力な説の一つとして、地球に火星サイズの天体が衝突(しょうとつ)して月が生まれたとする「ジャイアント・インパクト説」があります。その説が本当だとすると、誕生直後の月は、天体と衝突したときの衝撃(しょうげき)で、内部までどろどろにとけ、マグマオーシャン(マグマの海)が形成されたと考えられます。

    マグマは、長い年月を経て少しずつ冷えて、かたまっていきます。
    かんらん石や輝石(きせき)など、黒っぽくて重い鉱石は深いところに沈み、カルシウムやアルミニウムなど、白っぽくて軽い鉱石は、結晶化して表面に浮かんできます。
    そのため、マグマが冷え固まったところの表面は、白っぽく明るく見えます。
    (※この白い部分を「高地(こうち)」と呼びます。)

    さらに、月が生まれて5〜6億年ほどたったころ、巨大な隕石(いんせき)が衝突し、大きなクレーターができました。この大きなクレーターの割れ目から、玄武岩(げんぶがん)を多くふくむマグマがあふれ出し、クレーター内をうめつくしました。
    玄武岩は、黒っぽい鉄やマグネシウムを多くふくむので、溶岩(ようがん)が冷えて固まったところは、黒くかげのように見えます。
    (※この黒い部分を「海」とよびます。)

    このように、表面を構成する物質が場所によってことなるため、月にはもようがあるように見えるのです。

読んでみよう!

  • 月は地球を回っている衛星だよ。月の表面はどのようになっているのかな?

おすすめカテゴリ

おすすめのサイト(外部サイト)

月の形が変わる理由や、月のもようが「うさぎ」の形に見える理由を見てみよう。
生き物や科学に関するコラム、図鑑に収録されている動画がたくさんあるよ。

すべてのページのいちらんを見る