ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

パラカヌー瀬立モニカと地元の絆 東京で一番幸せなパラアスリートへ(5)

 2020年東京大会そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートを紹介する連載企画「未来に輝け! ニッポンのアスリートたち」。第40回は東京都出身、パラカヌーの瀬立モニカ(せりゅう・もにか)を紹介する。

会場が"モニカコール"で包まれたら......

地元・東京で迎える来年のパラリンピック。力強い後押しを受け、瀬立は躍進する【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 東京開催のパラリンピックがいよいよ来年に迫った。大学も休学してトレーニングに集中する瀬立だが、それでも区内の中学から依頼される講話はできるだけ引き受けるという。それはもちろん江東区の人たちに応援に来てほしいからだ。今度は地球の裏側ではなく、地元が会場。「マンションや近所の人たちもみんな応援に行くって言ってくれていて」とキヌ子さんもうれしい悲鳴を上げる。

「東京パラリンピック会場が"モニカコール"で包まれたら、きっと心強い味方になってくれると思います」

 来年の9月、地元の大声援を受けて、瀬立は東京で一番幸せなパラアスリートになるはずだ。(2019年6月19日掲載記事)

瀬立モニカ選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る