ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

世界基準の日本人セーラー・高橋レオ 夢は五輪メダルとアメリカズカップ出場(1)

 2020年東京大会そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートを紹介する連載企画「未来に輝け! ニッポンのアスリートたち」。第38回は静岡県出身、セーリングの高橋レオ(たかはし・れお)を紹介する。

日本セーリング界きっての有望株、20歳の高橋レオ【写真は共同】

 東京五輪に向けた各競技での日本代表争いが過熱している。それはセーリングも例外ではない。

 五輪で男女合わせて10種目が採用されるセーリングは、スペイン・マヨルカ島で開催されたプリンセスソフィア杯(3月29日〜4月6日)から日本代表選考が始まった。この大会で選考対象となったのは日本が得意とする男女470(ヨンナナマル)級と五輪種目の花形といわれる男子49er(フォーティーナイナー)級および女子49erFX級。いずれも2人乗りの種目で、日本セーリング界きっての有望株と期待される20歳の高橋も49er級でペアの小泉維吹とともに自身初の五輪出場を狙っている。(2019年5月7日掲載記事)

高橋レオ選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る