ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

17歳の武器は"ノースプラッシュ" 兵庫県出身の飛び込み選手・荒井祭里(1) まとめ 未来に輝け! ニッポンのアスリートたち

 2020年東京五輪そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートを紹介する連載企画「未来に輝け! ニッポンのアスリートたち」。第18回は兵庫県出身、水泳・飛び込みの荒井祭里(JSS宝塚)を紹介する。

"一瞬の美"を競う飛び込み競技

水泳・飛び込み競技の荒井祭里。昨年は世界選手権に出場するなど、伸び盛りの17歳だ【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 水泳競技というカテゴリに含まれる飛び込みだが、そのトレーニング方法や競技特性はほかの水泳競技とは一線を画する。

 飛び込み台から入水までたった2秒にも満たない間に、回転したりひねったりしながら技の美しさを表現し、水しぶきを上げずにプールに入水していく。まさに"一瞬の美"を競うのが、飛び込みという競技だ。
 特に、どんな演技をしたとしても水しぶきの上がらない入水、いわゆる"ノースプラッシュ"はいちばんの魅力であり、選手たちの見せどころでもある。

 その入水を得意とする若手選手がいる。10メートルの高さから飛び込む種目「高飛び込み」で注目される17歳の高校生、荒井祭里だ。荒井は、2001年の世界選手権で銅メダルを獲得し、今も現役選手として活躍し続けている寺内健(ミキハウス)や、16年リオデジャネイロ五輪の高飛び込みで80年ぶりとなる8位入賞を果たした1歳年上の板橋美波(JSS宝塚)らとともにトレーニングをしている。(2018年6月22日掲載記事)

荒井祭里選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る