ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

競泳とOWSに挑む森山幸美 愛知で力を蓄えた"デュアルスイマー"(1) まとめ 未来に輝け! ニッポンのアスリートたち

 2020年東京五輪そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートを紹介する連載企画「未来に輝け!ニッポンのアスリートたち」。第17回は愛知県出身、競泳・オープンウォータースイミングの森山幸美(日本体育大)を紹介する。

海外ではメジャーな存在"デュアルスイマー"

競泳とOWSの両競技で五輪を目指す、愛知出身の森山幸美【写真:中西祐介/アフロスポーツ】

 競泳競技のなかで、多数種目(たとえば自由形と個人メドレーなど)で活躍する選手のことを"マルチスイマー"と呼ぶ。そして、競泳競技と、自然環境で長距離を泳ぐオープンウォータースイミング(以下OWS)競技という異なるふたつの競技を股にかけて活動、活躍する選手のことは"デュアルスイマー"と称する。

 世界を見れば、ごまんといるデュアルスイマー。有名なのは、2012年ロンドン五輪のマラソンスイミング(OWS)で金メダルを獲得した、ウサマ・メルーリ(チュニジア)だろう。08年北京五輪の1500メートル自由形で、当時男子自由形長距離で無類の強さを誇っていたグラント・ハケット(オーストラリア)を破って金メダルを獲得。続くロンドン五輪の1500メートル自由形では銅メダルだったものの、OWSで金メダルを獲得したのである。

 そして今年5月、日本にもデュアルスイマーの日本代表選手が誕生した。彼女の名前は森山幸美。現在21歳、日本体育大学の4年生だ。(2018年6月14日掲載記事)

森山幸美選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る