ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

"福沢諭吉チック"なFW安藤瑞季 C大阪期待のルーキーが持つ反骨心(2)

 2020年東京五輪そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートを紹介する連載企画「未来に輝け!ニッポンのアスリートたち」。第14回は大分出身、サッカーの安藤瑞季(セレッソ大阪)を紹介する。

「選抜やトレセンにいい思い出はない」

高校は兄も通っていた長崎総合科学大付属高を選択。「自分に合う」と思っての決断だった【写真:アフロスポーツ】

 もっとも、そうした安藤のプレーが評価されていたかと言うと、そうでもない。中学に入って県内でも強豪のクラブチームである佐伯S-Play・MINAMIに進んでも、状況が決定的に変わることはなかったようである。

 佐伯市は大分県の南東端、津久見市の隣に位置するが、県のサッカー的メインストリームはどうしても大分市(そしてトリニータ)を中心とする中央部、福岡に近い中津市や宇佐市などの北部にあるのも否めない事実で、サッカースタイル、サッカー観にも少々落差がある。このため、安藤本人が「選抜とかトレセン(地域から選手を選抜する仕組み)とかにいい思い出は何もないっす」とぶぜんと振り返るような評価を受けることにもなった。

「絶対に、見返してやる。もう本当にそれだけでした」(安藤)

 福沢諭吉も家柄重視で能力を評価しようとしないことに憤激し、「二度と帰るか!」と(一説には唾を吐いて)中津を飛び出して長崎へ向かうのだが、安藤の心境も似たようなものだったかもしれない。それゆえに、冒頭で触れたように「大分での試合は燃える」のである。こうした反骨心の強さは、(本人はちょっと嫌がるかもしれないが)「大分っぽい」ストーリーには違いない。

 高校は兄・翼も通っていた長崎総合科学大付属高を選択した。ずっと自分にとっての「目標」だったと言う兄貴に近付きたいという思いもあっての選択だし、「自分に合うと思った」からこその決断でもあった。伝説的なキャリアを誇る大ベテラン・小嶺忠敏監督に統率されるチームの「練習が厳しい」といった話もちゃんと耳にしてはいたのだが、「自分は厳しいほうがいいっす」と意に介さなかった。(2018年3月31日掲載記事)

安藤瑞季選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る