ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

"福沢諭吉チック"なFW安藤瑞季 C大阪期待のルーキーが持つ反骨心(1) まとめ 未来に輝け! ニッポンのアスリートたち

 2020年東京五輪そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートを紹介する連載企画「未来に輝け!ニッポンのアスリートたち」。第14回は大分出身、サッカーの安藤瑞季(セレッソ大阪)を紹介する。

"挫折と屈辱を味わった郷里

C大阪のFW安藤瑞季にとって、故郷の大分は挫折と屈辱を味わった場所でもある【(C)J.LEAGUE】

「大分で試合があると燃えるんですよね」

 サッカーU−19日本代表にも名を連ねるFW安藤瑞季は高校時代にそんなことを言っていた。大分県は彼の郷里だが、同時に挫折と屈辱を味わった場所でもある。大分のヒーロー・福沢諭吉が10代で大分を飛び出して長崎で蘭学を学んだように、安藤も強い感情を胸に秘め、15歳で大分を去って長崎の地へと進み、そこで雄飛への足掛かりをつかむこととなった。

 大分県津久見市(大分県の南東沿岸のちょっとギザギザして突き出している辺り......と言ってイメージできる人がどのくらいいるのか分からないが)出身の安藤が小学校時代を過ごしたのは青江小サッカースポーツ少年団。名前から想像されるとおり、津久見市立の小学校をベースにした普通の少年団である。当時の写真を見させてもらったが、同じチーム内でも体格差のバラつきが非常に激しく、あまり運動していないような体型の選手もおり、優秀な選手を集めて強化に励んでいるようなチームでないことは一目で分かった。

 そういうチームにいたことが逆に幸いした部分も大きいのだろう。接触を恐れず、ゴールへと勇往邁進(ゆうおうまいしん)していく安藤の「ガツガツ&ゴリゴリ」プレースタイルの萌芽(ほうが)は、この頃すでにあったそうである。(2018年3月31日掲載記事)

安藤瑞季選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る