ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

沖縄出身・ハンドボール東江は今も成長中 東京へ、世界へ、モデルチェンジで新境地(1) まとめ 未来に輝け! ニッポンのアスリートたち

 2020年東京五輪そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートを紹介する連載企画「未来に輝け!ニッポンのアスリートたち」。第13回は沖縄出身、ハンドボールの東江雄斗(大同特殊鋼)を紹介する。

"得点技術"を武器にリーグMVPを獲得

昨シーズンMVP、得点王、ベストセブンなど主要タイトルを独占した東江雄斗。ハンドボールが盛んな沖縄県で持ち味である得点技術が磨かれた【写真:ロイター/アフロ】

 皆さんはハンドボール選手にどんなイメージを持っているだろうか。おそらく一般的には、ジャンプ力がスゴくて、俊敏、筋骨隆々で身体能力に優れたアスリート、という感じではないだろうか。

 しかし東江雄斗は少し違う。本人いわく「垂直跳びは60センチ未満だと思う」、「短距離走も学生時代からずっと遅いほう」だと。そんな東江が武器としているのは"得点技術"だ。

 ハンドボールのシュートは、剛速球を投げて速さで押し切るだけでなく、モーションに変化をつけてゴールキーパーをだましたり、反応を遅らせるような技術も必要になってくる。東江は時には正攻法の速球を投げ、時には同じモーションから異なるコースを投げたり、ボールの出どころを変えたり、ゴールキーパーにシュートを取らせないテクニックに長けている。こうして社会人1年目の2016−2017シーズンに日本ハンドボールリーグシーズンMVP、得点王、ベストセブンなど主要タイトルを独占し、日本代表にも選ばれた。

 東江は1993年沖縄県生まれ。沖縄は日本でも屈指のハンドボールが盛んな地域で、日本リーグの試合に3000人の観客が集まることもある。東江も含め、日本リーグの過去4年のシーズンMVPは沖縄出身の選手で占められているほどだ。

 両親ともにハンドボール選手だった東江は、小学1年生から競技を始める。沖縄はハンドボールを楽しむ風土があり、自由なプレーを許されてきた。小学生がトリックシュートを試みても監督にしかられることがない。こうした沖縄ならではの競争の激しさ、遊び心が融合し、ゴールキーパーのタイミングを外す得点技術が磨かれていった。中学、高校、大学と常に日本のトップ選手として活躍し、そのまま日本リーグMVP、日本代表に選ばれた。絵に描いたようなエリート選手としての道を歩んでいる東江が、次に目標としているのは東京五輪での活躍と、海外リーグでのプレーだ。(2018年3月30日掲載記事)

東江雄斗選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る