ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

大好きな愛媛にゴルフで恩返しを 黄金世代生まれ河本結、五輪への覚悟(1) まとめ 未来に輝け! ニッポンのアスリートたち

 2020年東京五輪そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートたちを紹介する連載企画「未来に輝け! ニッポンのアスリートたち」。第9回は愛媛県出身、女子プロゴルフプレーヤーの河本結(日本体育大1年)を紹介する。

『いい、加減。まつやま』のあたたかさ

愛媛県の松山聖陵高を卒業後、東京の日本体育大で腕を磨く女子ゴルフの河本結。地元を離れても、あたたかな応援が彼女の心に届いている【写真は共同】

「一番長く経験したのは松山市立窪田小時代でのサッカー4年間。窪田FCでFWをしていました。他に芦原会館で空手を4年間。バレーボールも福音小のクラブで1年間やりました。夏場には水泳もしていました。久米中では陸上部に入って、短距離や砲丸投げもしていました」

 あえてゴルフ漬けにならず、他競技も積極的にトライしていった女子ゴルファー・河本結の中学生まで。そこには明確な理由があった。

「海外のゴルフ選手はベースボールや、アメリカンフットボールなど、いろいろなスポーツをする中でゴルフに生かしています。子どもの時はゴルフだけでなく、さまざまな形で体を動かした方がいいという父や母のアドバイスもありましたが、私もいろいろなスポーツをするのが好きでしたので、取り組みました。
 実際、今でも言われたことをすぐに表現できるのは、中学校までにいろいろな動きをしていたからだと思います」

 そんな彼女の背中に惜しみなく協力を尽くしたのは母・みゆきさん、父・由一さん。そして地域。近所同士や地域コミュニティが助け合って生活し、冬になると食後のデザートにみかんが振る舞われる「おもてなし」も。都会では忘れられてしまった思いやりや心配りがいまだ日常生活にある「愛媛県の人々」である。

「愛媛県はいい感じにフレンドリーで優しい人たちばかり。『頑張ってね、応援しとるけんね』と知り合いのように応援してくれることは、私にとってありがたいことです。松山市のキャッチフレーズは『いい、加減。まつやま』なんですが、本当にそう思います。
 他の競技を私がしていたことについても、あくまでゴルフに結び付けるためだったのに、みんなが理解してくれて。その時の指導者にはすごく感謝していますし、その分、ゴルフで恩返ししたい気持ちは強いです」

 小学校6年時の2010年には全国小学生大会女子の部で2位に入ると、中学3年時の13年には日本女子アマチュア選手権競技でベスト32、日本ジュニア選手権女子12〜14歳の部で24位タイ。「いい、加減。」で声援を送ってくれる地元のために、河本はジュニア時代から実績を積んでいった。(2018年2月22日掲載記事)

河本結選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る