ヘルプ

よみがなをつける


Yahoo!きっず 東京2020 オリンピック・パラリンピック特集

競泳・今井月、地元岐阜で取り戻した原点 笑顔の裏にある真摯な努力(1) まとめ 未来に輝け! ニッポンのアスリートたち

 2020年東京五輪そして世界に向けて、それぞれの地元から羽ばたくアスリートたちを紹介する連載企画「未来に輝け! ニッポンのアスリートたち」。第2回は岐阜県出身、競泳の今井月(るな/豊川高)を紹介する。

中学1年で日本選手権の表彰台に

17歳ながら、五輪、世界選手権の出場経験を持つ競泳の今井月【写真:エンリコ/アフロスポーツ】

 誰にでも物怖じすることなく話しかけ、屈託のない純粋な笑顔を見せる、まさに"天真爛漫"という言葉がピッタリなアスリートがいる。豊川高校2年生になった今井月だ。

 彼女が最初に注目されたのは、2013年のこと。4月の日本選手権の女子200メートル平泳ぎで、当時岐阜西中学校の1年生だった今井月が、2分25秒14で3位に入ったのだ。153センチの小さな体を大きく使い、水の抵抗なく進んで行く泳ぎに加え、あどけない表情でインタビューに答える姿は、1992年のバルセロナ五輪で金メダルを獲得した岩崎恭子を思わせた。

 さらに同年9月、アルゼンチン・ブエノスアイレスで行われた第125次IOC(国際オリンピック委員会)総会で、今井がちょうど20歳を迎える20年の東京五輪開催が決定。水泳選手としては脂が乗り始める時期に東京五輪が行われるということもあり、今井は未来のホープとして世間の注目をさらに集めた。(2017年10月27日掲載記事)

今井月選手の記事一覧

すべてのページのいちらんを見る